文鳥日和

雛から育てた白文鳥さんの成長記録

少しずつ

少しずつ外の人とコミュニケーションをとることが楽しめるようになった。以前書いたこれからすこし前進した。

 

d1e2a3r.hatenablog.com

 

昨日今日とコンビニの店員さんと世間話(取り扱ってる商品について)をすることができた。会社に送る書類のことで半年ぶりに上司に電話した。文鳥の健康診断の予約の電話をした。なんか、ひとつひとつの会話を楽しめた。少しずつ、少しずつ慣れてけばいいんだよな。

 

文鳥様をお迎えしたのはもう人と話したくなかったからなんだろうな。会社や恋愛や家族のゴタゴタで人が大っ嫌いになってた。とにかく人間に関わりたくなかった。

 

文鳥を選んだ理由は、人といることが心地よいと感じる生き物だから。うさぎやフェレットも考えたけど、げっ歯類は基本的に人と共存することがストレスらしい。だからなんだかかわいそうで、人間の都合で生き物にストレスを与え続けるのは違うと思った。文鳥は人を好きになるらしい。言葉でコミュニケーションできないけど、気持ちはかよわせられる。だから文鳥にした。

 

話がずれたけど、少しずつ、何かが良くなってきている。辛い気持ち、傷付いた気持ちは時間がゆっくり癒してくれる。