文鳥日和

雛から育てた白文鳥さんの成長記録

今日も6時に起きれた

目覚まし時計をかけなくても毎日同じ時間に起きれるようになった。朝6時になると文鳥が餌をくれとよく鳴くからだ。私は夢うつのまま輸入品のオーガニックペレットをすり鉢で粉々に砕いて、種子とまぜあわせ、ケージにセットする。早くオーガニックペレット単体を口にしてくれれば、楽なのになあと思いながら。水差しも奥までしっかり洗って指を突っ込みぬめりがないことを皮膚で確認したら新しい水を入れてケージにセットする。一連の作業をしているうちに私の目は覚めてしまい、ベッドに戻る気は失せる。そのままニュースをチェックしたりコーヒーを入れて煙草を吸ったりしていると空腹を覚えてきて朝ごはんについて考える。確か昨日炊いた玄米が残っている。そうだ、この前ネットで見たレシピを作ろう。トマトとオクラを切って納豆と豆腐を混ぜ、醤油とすりゴマと胡麻油で味付けをする。ご飯の上にこれらを盛り付けて海苔を散らす。これで栄養はなんとかなるかなと自分のレシピに満足しつつ完食する。それからしばらく読書をして、代引きの荷物を受け取り、今日することを考える。そうだ明日友達の結婚式だ。どうせなら新しい服が欲しい。きっと高校時代の女友達にわんさか会って近況報告をしなくちゃいけない。みんな結婚して子供がいたりするんだろうな。キャリアも中途半端だし、結婚はおろか彼氏すらいないわたしはせめて美しく身づくろいたい。そんなことを考えながら手短に化粧をして炎天下の中渋谷西武に向かい店員さんにあれこれ相談してワンピースとイヤリングを購入。しめて39000円。あれ?まって、2点で高くない?でも隣のZARAでいい加減な素材のドレスを買うよりマシだと言い聞かせて支払いを済ませ、ドラッグストアでサロンユースのヘアスプレーを買って帰宅。髪の毛はスタイリストにやってもらおうと思ってたけど気づいたら連絡するのを忘れてたので、仕方がないから自分でやることにした。帰り道、暑い、ビールが飲みたいと思い自宅付近のコンビニでヱビスビールを一缶買い帰宅。買って来た服やらアクセサリーやらと手持ちの靴とクラッチを合わせてまあ品よく季節感があってトレンドもさりげなく入ってて上出来だと自画自賛したあとビールを開ける。友達からの取り留めのないLINEに相槌を打ちながらうとうとしてるといつの間にか眠っていて夕方になっている。慌てて文鳥を放鳥し小一時間相手をしたあと寝かしつけ、私も簡単な夕食を食べ、どうせ明日午前中にお風呂入らなきゃいけないしと理由をつけてメイクだけ落としてパジャマに着替えてベッドに入って本を開く。顔を洗うこと、パジャマを着ること。この二つが揃わないと私はよく眠れない。どんなに酔っ払って前歯を割ってきても眼が覚めるとパジャマだけは着てる。睡眠薬飲まなきゃと思いつつ本を片手にうとうとしてたら眠りについてしまったようだ。

 

これは昨日の話。今も昨日と同じように起きてコーヒーを飲みながらいつ身支度を始めようかと考えている。文鳥は食事に満足したのか餅のように止まり木に鎮座し二度寝をしている。